商品検索

布おむつって何を揃えたらいいの?

Q:布おむつ育児をやってみたいのですがそもそも何をそろえたらいいんですか?

A:とりあえずこれさえあれば布おむつ育児の準備はOKです◎

1.布おむつ

輪型の布おむつ または 成型おむつ まめな方、お洗濯が好きな方・またはお洗濯のヘルプをしていただく方がいらっしゃる場合は輪型もおすすめです。輪型の特徴は一番乾きやすく、折り紙のように形を自在に変えられるのでなれると楽ですが、デメリットは脱水のときに絡まってほどかないといけないときがあるのが面倒です。
布おむつやってみたいけど面倒くさいかもという方には成型おむつが断然おすすめです。

2.おむつカバー

スナップボタンタイプがいいのかマジックテープタイプどちらがいいの?とご質問をよくいただきます。スナップボタンは慣れるまで着けにくい(特に夜間は見えないので)、ですが、赤ちゃんがハイハイしたり動きが活発になると取れにくいので、8か月以降にお買い求めになる方、日中だけ布おむつという方にはスナップボタンタイプがおすすめです。マジックテープは着脱しやすいのが◎。ただし、赤ちゃんが自分でマジックテープをビリっと剥がせるようになると、かならず上からズボンをはかせないといけなくなります。新生児から、また夜間も布おむつで!という方にはマジックテープがおすすめです。
一枚ずつ購入されてみて、いろんなのメーカーのを試してみるのも楽しいと思います。

3.バケツ

おむつをつけておく用のフタつき大きめバケツ
おむつをつけおきするためのバケツです。臭いや見た目も気になるのでふたつきのバケツをおすすめします。

4.おむつのつけおき用洗剤または酸素系漂白剤とお洗濯用の洗剤

おむつをお水やお湯だけでつけおきするのは雑菌やカビの繁殖の原因となりますので絶対に控えてください。つけおきには、必ずつけおき用洗剤や酸素系漂白剤を入れるようにしてください。また、酸素系漂白剤だけでは汚れが落ちないので、お洗濯時にはお洗濯用の洗剤をご使用ください。洗剤は赤ちゃんが直接肌にふれるものなので、無蛍光のものがおすすめです。

5.おしりふきシート

紙おむつではマストなおしりふきシートも布おむつではおしっこの場合でしたら
布おむつの汚れていない部分でチョンチョンと拭いてお使いいただけます
「え、ほんと?!」とびっくりされるかもしれませんが、店長やスタッフ自らやってみたらほんとでした。
しかしうんちの場合はそうもいかず、やっぱりおしりふきシートをお使いいただくのが便利です。
布オムツはじめてなんだけど・・という方には、スターターセットから試していただいくのをおすすめします。
どんなにかわいいおむつでもご自身の使い方やお子様の体型にフィット
するかどうかは一度使ってみなければわかりません。かわいいけど一度洗ったら乾きにくかったり、ダマがついたり、そもそもサイズが合わなかったり・・ということから、がっつり準備をしたのに布おむつ育児を続けられなかったら残念ですよね。
デザインはあまり気に入らないけど、
使ってみたら意外に使いやすいという布おむつもあったりします。

輪おむつと成型おむつどっちがおすすめですか?

A:ドビー織輪布おむつとEstlanceの成型おむつを比べてみました!

1.コスト

・ドビー織布おむつ 10枚:2200円
・成型おむつ10枚:7500円

(どちらもコットン100%)

コスト差があるのでドビー織布おむつの方が
断然価格はお得です。

2.洗濯のしやすさ

こちらは成型おむつの方が断然おすすめです!

昔ながらのドビー織の布オムツは、洗濯時にすごく絡まりやすいのが
難点です。しかも水分を含んでいるのでかなり重いです。
洗濯機の脱水時に「ピピピピ~!!」と鳴って、
偏った洗濯物をほどいてくださいというマークが出るのもしばしば。。
絡まった布オムツをほどいている間に赤ちゃんが泣いてしまう・・
なんてときはこっちが泣きそうになったりします。

成型おむつはからまることも干すときにしわをのばしたりする
手間もかかりません。
またたたむ必要もなし!なので、ママメインで育児と家事を
されていらっしゃるご家庭でしたら成型おむつを
おすすめします!
約2年間、しかも次の子が生まれたら繰り返し使えるので、
初期コストはかかったとしても、紙おむつより断然コストはかからないですし、
毎日の手間とその疲労感がずーっと楽になります。

3.吸水の差

「一般的な布オムツ」と「エストランセの布オムツ」もれにくさを比べてみました!


成型おむつの中には実は3重の層となっていて、その層と層の間にマイクロファイバーを敷いています。このマイクロファイバーはおしっこを一時的に吸水するという役目もあり、汗も吸い取ってくれますので、おむつかぶれにもなりにくいメリットがあります。
もちろん布おむつですので濡れたらすぐ交換が鉄則ですが、
おむつカバーまで濡れてしまい、おむつカバーも一緒に交換・・ということも
ドビー織布おむつよりは少ないです。楽ちんなのは成型おむつです。