商品検索

布おむつってどうやってお洗濯するの?

布おむつのお洗濯の仕方

エストランセでは「布おむつのお洗濯をもっと楽にしたい!」というお声を頂き、
布おむつを簡単に洗濯できる洗濯洗剤Rinennaを開発しました!
赤ちゃんのデリケートな肌に身につけるものだから、ノンシリコン、蛍光剤不使用にこだわり、何度も実験と検証を繰り返し商品化。

本日はRinennaを使って簡単に布おむつをお洗濯するやり方をご紹介します!
Rinennaをお持ちではない方には重曹でのお洗濯方法も合わせてご紹介しますね)

Q:布おむつってどうやって洗濯するの?

A:お洗濯の仕方は、ざっと手洗いしてつけておく方法やきちんと手洗いして一枚ずつ洗濯する方法などご家庭によって様々ですし、どれが正解ということはありませんが、
布おむつ専門店【Estlance】(エストランセ)ではできるだけ楽ちんなおむつのお洗濯の仕方をお伝えいたします。

準備するもの

・つけ置き用のバケツ
・洗濯洗剤(Rinenna)、もしくは重曹

お洗濯の仕方

1.バケツにお湯(40度以上)をはりにRinennaを入れます。(お湯2Lに対してスプーン1杯)
※重曹をお使いの方はお湯2Lに対して約20グラム
2.ざっと布おむつを下洗いをします。 (うんちはトイレに流します。)
3.1のバケツにおむつを入れます。
4.翌朝、洗濯機でまとめて洗います。
※真水だけのまま長時間つけておきますと、雑菌繁殖の原因になりますので、バケツには必ず洗剤か重曹を入れてください。
※洗剤・重曹の代わりに、アルカリウォッシュやセスキ炭酸ソーダなどご利用になってもOKです。


布おむつ布おむつ

つけ置き用に便利なオムニウッティバケツは、インテリアとしても収納ボックスとしてもお使いいただけます。

Q:外出時なども布おむつを使用する場合に一番おすすめの処理の方法を教えてほしいです!

A:大きめのジップロックにRinenna(重曹)スプーン大匙1とお水大匙1を入れたものを持っていかれるのがおすすめです。蒸し暑い夏の季節は臭いも気になる季節でもありますので、重曹をいれられた袋をお持ちいただくと臭いを吸収してくれます。

Q:ウンチの黄ばみやピンク垢が気になるのですが?

A:大きめのジップロックに重曹スプーン大匙1とお水大匙1を入れたものを持っていかれるのがおすすめです。蒸し暑い夏の季節は臭いも気になる季節でもありますので、重曹をいれられた袋をお持ちいただくと臭いを吸収してくれます。

Q:ウンチの黄ばみやピンク垢が気になるのですが?

A:そんなときは熱めのお湯にRinennaを多めに入れてつけ置きして下さい。
もしくは、酸素系漂白剤での漂白もおすすめです。

実際に布おむつを試してみると、お洗濯は意外と大変ではないです。
とはいえ、感想は人それぞれ。実際に布おむつを利用されている方の声をまとめたので、参考にしてくださいね。